初盆・新盆のお返し

カテゴリー
価格帯
ギフト検索

  • 初盆・新盆

年末・年始商品配送のお知らせ

●一般商品:12月22日以降のご注文につきましては、在庫がない商品は年内にお届けできない場合がございます。

●名入れ商品:12月15日迄のご注文が年内お届けとなります。(商品により異なりますので詳細はお問い合わせください。)
※上記以降のご注文につきましては、1月5日以降ご準備出来次第の発送となります。

新盆、初盆とは?

初めて迎えるお盆のことを新盆、初盆といって特に丁寧に供養を営みます。 このときには粗供養品・粗菓を用意してお持ち帰りいただきます。 また不意にお参りにこられる方のためにも「粗供養品(手土産)」を用意したほうが良いでしょう。 郵送などで「御供」を頂いた方などには、後日「初盆志」の品をお送りします。

お菓子部門:香典返し・法要引出物・初盆のお返しで良く選ばれる品

初盆のすすめ方

親族や親しい方をお招きしてお経を上げてもらい供養をします。お経がすんだら料理でおもてなしをします。僧侶にはお礼として「御布施(おふせ)」を包んで渡します。 この時、「御車料(おくるまりょう)」、食事を一緒にされない場合には「御膳料(おぜんりょう)」も忘れず渡しましょう。初盆の場合1~3万円が御布施の相場。地域やお寺によって違うので、詳しい方に相談すると良いでしょう。

日本茶

初盆のお返しは?

「無事初盆を済ませました」ということで、送り盆が終わってから「初盆志」としてお返しします。お返しの額は頂いた額の半額程度が相場です。
家に御供えを持参していただいた方にはその場で500円~1000円程度のものを「志」「粗供養」として持って帰っていただくと、なお丁寧です。

カテゴリーから初盆・新盆のお返しを探す!

予算別に初盆・新盆のお返しを探す

お盆の行事

●十三日 お盆入り 精霊棚のお飾りをすませお墓参りにでかけます。
迎え火を炊き、盆提灯に明かりを灯し先祖の精霊を迎えます。
●十六日 お盆明け 送り盆。先祖の霊が帰る日、送り火を燃やして精霊を送り出します。
※地域によって異なる場合がございますが、一般に
お盆の月の一日もしくは七日頃から飾り始め、十三日迎え盆に明かりを灯します。

初盆のお返しにふさわしいカタログギフトを選ぶ

初盆のお返し(初盆志)の挨拶状

初盆のお返し挨拶状サンプルイメージ お供物ありがとうございました
故人の初盆に際しましては
過分なるお心づかいを
いただきまして厚く御礼申し上げます。
つきましては心ばかりの品をお届けいたしましたので
どうぞお納めくださいませ。
※メッセージカード(初盆志)
カードサイズ:約10センチ×14.8センチ(ハガキサイズ)

法要・回忌・初盆の品の掛紙(表書き)

全て薄墨での印刷となります。初盆のお返しの品には「初盆志」をご選択ください。


初盆のお返しでご利用いただける包装紙一覧

ショッピングガイド:メニュー

ルメール内祝い、お返しギフトカタログの表紙

総合ギフトカタログ・ブライダルカタログ(無料)

出産内祝いを中心としたあらゆるギフトに対応した総合カタログと。結婚式引出物に特化したカタログをご用意しています。(カタログ画像はイメージです。)